どんぐりが落ちる時期は何月!最適な場所はここ!

「リース作りや、こどもの工作などにどんぐりを使いたい。
どんぐりっていつ頃落ちるんだっけ?」

「どんぐり拾いをしたいけど、落ちている場所がわからない。」

どんぐり拾い
スポンサーリンク

どんぐりの落ちる時期

どんぐりは9月下旬ぐらいに落ち始めます。

しかし色んな種類のどんぐりが欲しい場合は、「10月に入ってから11月まで」がおすすめです。

どんぐり 時期(目安)

  • マテバシイ 9月中・下旬~10月
    リースには、マテバシイがおすすめ
  • クヌギ 9月下旬~10月下旬
  • アベマキ 9月下旬~10月下旬
  • スダジイ 10月~11月頃
  • コナラ  10月~11月上旬
  • ツブラジイ 11月
  • ミズナラ 10月上旬~11月上旬
  • シラカシ 11月
  • アラカシ 11月~1月

地域によって、温度、気候が違いますので、多少時期がずれます。

実の大きいどんぐりをつくる木ほど、落ちる時期が遅れやすいです。

春になってもどんぐりは落ちています。地面に落ちたあと、拾われなかった場合です。ただ、古くなっています。

こんなにある!どんぐりの落ちる場所10

1●公園

広い公園

近所のせまい公園は、必ずしも、
どんぐりの木が植えてあるとは限りません。

広い公園でしたら、どんぐりの木が
植えてある可能性が高いです。

運動公園・多目的
(野球場やテニスコート、体育館が完備された場所)

国営公園・児童公園
(工作体験もできます)

2●駿府城公園など、城名+公園。

城の公園

3●山や林

山や林

4●庭園

庭園

5●寺や神社

(入り口付近、境内の周りにある林です。)

寺や神社

※境内は掃除されて、どんぐりがない可能性が高いです。

6●街路樹(根元のあたり)

街路樹

剪定管理が行き届いた街路では、
落ちたどんぐりは期待できないです。

探しているときは、夢中になって
やってくる自転車に
ぶつからないように注意しましょう。

7●図書館

図書館

建物のまわりになにか大きな木が無いか、
確かめてみましょう。

8●小学校、中学校

どんぐりの木が、ときどき植えてあります。

9●大学の敷地内

10●古い家(実家)

古いお家には、もしかすると年数の経ったどんぐりの木が植えてあるかもしれません。

おじいちゃん、おばあちゃんに聞いてみると分かります。

どんぐりを拾うときの!注意!

ビニール袋は一枚だけではなく、何枚か持っていく。

ビニール袋

特にいろんな見た目のどんぐりをたくさん拾う時には、
それぞれ、別々の袋にわけた方がいいかと思います。

あとで工作に使ったり、食べたりする時に、
種類を分けていた方が処理が楽だからです。

基本、落ちているものを拾いましょう。

落ちたどんぐり

枝についている状態のどんぐりは、
確かに綺麗なのですが
高いところにあって、取るのが大変なうえに、
まだ早過ぎるものもあります。

場所によっては
まだ木にくっついたどんぐりは
とってはいけない
決まりになっている場合もあります。

中には、地面にあるどんぐりを
拾う事も禁じている場所もあります。
(もしかすると、個人に向けてというより、
業者に向けてのものかもしれないです。)

勝手に枝を折る、葉っぱをちぎるのもよくありません。

公園、お寺、神社、図書館では
掃除で綺麗にされてしまうおそれがあります。

いつ行けば大丈夫か?

掃除される前に取れるかですが、
午前中の7時8時あたりか早朝です。
または、寺、神社は掃除が早いので、
夕方をねらってみます。

リースづくりに使いたい場合は適したどんぐりを。

リース

クヌギ・コナラ→不向き
乾燥すると割れてしまうからです。

リースには、マテバシイがおすすめです。
殻が頑丈で、虫食いに遭う事がすくないからです。
実が大きいのも、ポイントです。

公園には、どんぐりの木が植えてないところがある。

どんぐりの木が植えていない公園例

植えていたとしても数本しかないおそれがあります。

どんぐりは、たくさん実る年、いまいちな年がある。

どんぐりの実り

どんぐりは毎年同じ量ができるとは限りません。

その年の気候のよしあし、水不足、
栄養状況、木の個体差で、
たくさん実ったり、できなかったりします。

特に、コナラは差が大きく、実りの量が安定しません。

どんぐりがたくさん拾えるコツ

強風

風の強かった日の、次の日

前日に風がびゅーびゅー吹いていたらチャンスです。

風でどんぐりがポトポト落ちていて、
次の日、たくさん拾える可能性があります。

前日に、風が吹いていたら
次の日にどんぐり拾いにいってみましょう。

また、台風の過ぎた次の日もおすすめです。

山、森が確実です。

近くのせまい公園では、どんぐりの木を植えていない場合があります。

これって古いどんぐり?

どんぐり見分け方

黒ずんだどんぐり

昨年に落ちたどんぐりでしたら、古いです。
ミズナラのように、元々黒い見た目をしたどんぐりもあります。
湿気、虫が中にいてできた傷で、黒くなる事もあります。

乾燥している

虫が喰っている

穴が開いている。

虫が中にいるかもしれませんので、
拾わない方がいいでしょう。

すぐわかる!見分け方

古いのかどうか、よくわからない場合は
ひとまず家に持って帰って
水を入れたボウルなどに入れてみましょう。

  • 沈んだらOK
  • 浮いてきたら古い

と判断できます。

※ただし絶対安全とはいえません。
まったくやらないよりは安全度が増した程度です。

もし沈んでいても
匂いがへん、見た目がへんだと
思ったどんぐりは、
外すことをおすすめします。

どんぐりって形が全然違うけどなんで?

どんぐりの実る木は、1種類だけではないです。
いろいろな木にできます。

日本には、最低でも21種類あります。

木の種類によって形も様々です。

おおきくわけると、

  • ブナの木
  • シイの木
  • カシの木
  • ナラの木

にどんぐりができます。

種類・どんぐりの特徴

クヌギ

クヌギ

ころころ丸くて、ずんぐりした見た目。
帽子の毛はチリチリになっている。

コナラ

ほそながい。縦に黒い筋が入っている。
帽子が小さい。うろこのような模様。
帽子だけ1つおちている。
底がふくらんでいる。

マテバシイ

※帽子が枝ごと落ちている。(シイの特徴)
複数の帽子がついている。

スダジイ、ツブラジイ

これはスダジイです。

実が帽子にすっぽり隠れている。
帽子が、先がぎざぎざ、葉っぱみたいな形をしている。
帽子は、3つか4つにわかれている。

シイの仲間は、アクがひかえめで、たべやすいです。
シイの仲間はだいたい、食べるのに適しています。
生でもいけます。

アラカシ、シラカシ

これはアラカシです。

帽子が横縞。
アラカシ→頭に段差がない、つるっとしている。
シラカシ→頭に段差(溝)がある。

またこちらも参考になります。
葉っぱ、樹木の違いもわかります。

何のどんぐりか知りたい!

図書館で、どんぐり図鑑を借りてみましょう。
拾ってきたどんぐりと見比べてみます。

拾ってくる時は、
どんぐりといっしょに、
帽子と葉っぱも取っておく
いいかもしれません。

情報が多い方が、見分けがつきやすいです。

葉っぱを取る時は、おちているものにし、
ちぎるのは極力やめましょう。

東京・埼玉でどんぐりが拾える場所

(東京23区のどんぐりがある公園が網羅されています。
情報は2000年当時のものです。)
どんぐり便りMAP

東京23区の、公園の情報、最新の開催中イベントがわかります。
公園へ行こう!

(埼玉県の3市の情報です。
情報は2003年当時のものです。)
埼玉県どんぐり情報

どんぐりの葉っぱは何色?

どんぐりの木は、秋でも葉っぱは緑です。

どんぐりのおいしい食べ方

食べる

ここを読めば、どんぐりを楽しい気分でいただく事ができます!
ぜひご覧下さい。

要約

10月

どんぐりは、9月後半から落ちます。

いろんなどんぐりを拾いたい場合は
10月前後~11月頃がおすすめ
です。

どんぐりは、ちかくの公園・学校など、
身近な場所や、おでかけ場所に落ちています。

どんぐりを拾う時は
場所によって決められた
ルールがありますので、
確認をした方がいいでしょう。

こどもといっしょに拾うことで、
自然学習につながります。

図書館で、どんぐり図鑑を借りてきても
いいかもしれません。

ほっそりしたどんぐり。
丸いころころしたどんぐり。

拾ってきたどんぐりを眺めながら、
これはこのどんぐりかな?
と見比べながら楽しめます。

どんぐりを使ったイベントを
色んなところでやっていますので
参加してみるのもおすすめです。

色んな大きさのどんぐりを
見て触った経験は、
いつまでも思い出に残ることでしょう。