クヌギ(どんぐり)の正しい食べ方とは??

クヌギなどのアクの強いどんぐりは、
そのままでは食べられません。

そのまま食べると、
とてもきつい渋味が、口の中に広がります。
(渋柿に匹敵か、それ以上です)

マテバシイと比べましたら、
決しておいしいとはいい難いです。
炒って食べてもすぐさま「オェッ」「ペッ」ってなります。

おいしくない理由は、アク。
しかし、アクさえとりのぞけば
おいしく食べられます。

今回は、クヌギのアク取り方法の話をしていきます。

アク取り方法がわかりましたら、
コナラやウバメガシなどのアクがきついどんぐりにも、応用できます。

「アク抜きしたんだけど、なかなか
とれないなあ。。。」

とお困りの方にも役立つ内容になっております。
ぜひごらんください。

スポンサーリンク

下処理がだいじ

アク抜きする前にまず下処理をします。

下処理とは、

選別→殻割り→中身取り出し→4等分

です。

1・綺麗などんぐりだけ選びます。

水につけてみて、
沈むどんぐりだけ選びます。

浮いてくるどんぐりは、
● 虫食い
● 古い
● 傷んでいる
● かびている

からです。

2・どんぐりの殻をとり、中身を出します。

殻の割り方

どんぐりをハンマーなどで叩き割ります。
かたいので、結構重労働になります。
とにかく重いものならなんでもいいですので、
空きビンでも割れます。

うまく割れない場合は、粒の数を減らしてみます。
ビニール袋にどんぐりを入れて、
ふきんかタオルを上にかけて、軽く叩くと効率的です。

親御さんの見守るもと、
お子さんにやらせてみると、
楽しんでもらえるかもしれません。

「ちょっとハンマー疲れた・・・」
という場合は
● ペンチ
● プライヤー
● クルミ割りペンチ<おすすめ
● クリの皮むき用のハサミ<おすすめ

のどれかを使って
ぺきぺきヒビを入れ、爪で殻を剥がし中身を取り出します。

縦割すると、すくない力で割れます。

割る作業は、一つ一つ行うので手間がかかります。

他に殻をわる方法は、
●フライパンで炒る
●電子レンジでチン

があります。

フライパンで炒る時は
とんでどこかへいってしまわないように
蓋をします。
数分かかります。

フライパンで炒るより簡単なのは電子レンジです。

丈夫な封筒に入れて口を閉じて、スイッチを入れます。

30秒ぐらいパンパン鳴ってきます。
ならない場合はちょっとずつ秒をたして様子をみながら
つづけます。

あぶないので、いっぺんにたくさん入れないようにしましょう。

3・とりだした中身を4等分にします。

※表面積をふやします。

いよいよアク抜き

殻をわって、中身をとりだし、4等分にしたら
いよいよアク抜きです。

参考にさせて頂いた動画です

ドングリ料理 【車中泊 サバイバル アウトドア ソロキャンプ料理レシピ】

本編は1:30から。
4:19~ クヌギ拾い

やりかたは「煮る」です。
こまかくしたクヌギを、鍋で何度か水をいれかえながら煮ます。
すこし食べてみて、渋みがなくなっていればOKです。

アク抜きは、普通でしたら、
水に7日から10日つけますが、
時間がかかります。

しかも、毎日とりかえたりして
丹念に手をかけたとしても
渋がとれない事もあります。

せっかく正しい方法でやったのに、
ちゃんとアク抜きできなかったら
がっくりきますよね。

しかし、方法は他にもあります。「煮る」です。

長時間煮ますと、タンニンが効率良く溶け出していき
水に浸けて放置よりも短い時間で消えます。

具体的手順

・煮込む→1時間煮込む→黒い濁り
※途中でアクが浮かんで来るので、とります。
肉じゃがを作っている時に出るアクとそっくりです。

・一回お湯を捨てます。

・また煮込みます。(2回目)
もう1時間たったら再びお湯を捨てます。

・煮込みます。(3回目)
※今度は2時間煮込みます。

湯が黒→白へ変わっていく、

煮込む合間、
1回目と2回目の間、
2回目と3回目の間に、
ちょっと食べてみて平気そうなら、
1時間→1時間→2時間を守らなくても
オッケーです。

(それでも念のため、
4時間必要というめどは立てておいた方がいいかもしれません。)

・次は火を通す(水なし。)焼く。
こげめがつくまで
(水気をとばします)

これでクヌギどんぐりは食べられる状態になりました。

おいしくするには?

● 塩をつける。
● 天日干しする。
● 1週間ねかす(甘くなります)

アクがある理由

なんでアクなんかがあるのだろう?

アクの正体はタンニン。お茶の渋みと同じものです。

アクを蓄えている理由は?

自分の身を守るためです。
おいしい実のままだと
どんどん動物や人間に食べられてしまって。
種を保存する事ができません。

ですから、
パクっと食べた時に
すぐにペッと吐き出す。のをねらって
アクを身に含ませているのです。

これは何もクヌギといったどんぐりだけではなく、
大豆や種、野菜といったものは
すべてそういった
人体に良くない成分を含ませています。

ですから、
食べ過ぎますと、
よほどの量を食べない限り、
死にはしませんが健康に害が及びます。
(下痢とか便秘などです)

アク(タンニン)を取れる方法は、水。

タンニンは、水に溶ける性質があるからです。

水に長時間さらせばどんどん取れていきます。

ですから、水にさらす必要があるわけです。

ただ、水よりももっと効率良く溶かし出すならお湯です。

ゆでて煮出しても、
かるく4時間は必要ですから相当強烈なアクです。

他のどんぐりとの見分け方

ドングリの見分け方

クヌギ(0:00~)

帽子の部分がアフロみたいにちりちり、大きい。
どんぐりはころころ丸くて、ずんぐりした見た目。
マテバシイより大きい。

どんぐりの中では早い時期、
9月ぐらいにおちてくる。

カブトムシに好かれる木。

コナラ(1:05~)

ほそながい。縦に黒い筋が入っている。

帽子が小さい。うろこのような模様。

帽子だけ1つおちている。

底がふくらんでいる。

マテバシイ、クヌギより小さい。

マテバシイ(2:31~)

大きい、コナラの1.5倍くらい。
帽子はうろこのような模様
※帽子が枝ごと落ちている。(シイの特徴)
複数の帽子がついている。
底がへこんでいる。

アクがひかえめ、たべやすい。
シイの仲間はだいたい、食べるのに適している。
生でもいけます。

アラカシ、シラカシ(3:42~)

帽子が横縞。

アラカシ→頭に段差がない、つるっとしている。
シラカシ→頭に段差(溝)がある。

スダジイ、ツブラジイ(7:35~)

帽子が、先がぎざぎざ、葉っぱみたい。
3つか4つにわかれている。

またこちらも参考になります。
葉っぱ、樹木の違いもわかります。

どんぐりの見分け方2(どんぐりの殻斗の形)

要約

クヌギの正しい食べ方は、
「アク抜き」を行うことです。

しっかりアク抜きするには下準備がだいじです。

下準備してから
長時間煮込みます。

長時間ですからガス代にやさしくありません。

クヌギなどのアク抜きは、とても手間がかかります。
初心者さんにはちょっと処理が難しいのではと思います。

アク抜きが省略できるマテバシイがおすすめです。
マテバシイだけではなくスダジイ、ツブラジイなど
シイの実はもともとアクが少なく
食べるのに向いています。