松ぼっくりを拾える場所7選!

今回の記事が役立つ人

・松ぼっくりを拾える場所が知りたい人。
・松ぼっくりを拾える時期が知りたい人。
・松ぼっくりの虫を退治したい人。

「松ぼっくりが欲しい。 拾いにいきたい。」
「けれど、どこに行けばあるのかわからない。」

と悩んでいる方に向けて、
松ぼっくりが拾える場所を、
7つ、厳選しました。

ぜひ、ごらんください!

スポンサーリンク

松ぼっくりの拾える場所

海水浴場

海水浴場へいくと、高確率で
松ぼっくりが拾えます。

浜辺に向かって歩いていると
途中で、たくさん松の木が生えた
光景が目の前に広がります。

なぜ海水浴場には、よく松が植えられているの?

潮風を防ぐためです。

また、松は乾燥や潮風に強い木です。

海の害を防ぐには、松がぴったりというわけです。

公園

大きい公園では、松の木を植えている場合があります。

▲注意1▲

松を植えていない公園もあります。

▲注意2▲

まだ枝についている松ぼっくりを
無断で採取するのは禁じられています。

自然におちているなら、基本大丈夫です。

ですが、いちおう、
入り口に「ルール」看板が
立っていると思いますので、
念のため、目を通しておく事を
おすすめします。

事前許可をもらっておくと、より安心です。

管理者か、役所に電話して、例えば
「松ぼっくりを、リースの材料として
使おうと考えているのですが、
持ち帰りしても大丈夫でしょうか」
などとたずねます。

日本のお城にいきますと、
たくさんの松の木が植えられています。

なぜ、城に松があるのか?理由

「敵に攻められないようにするため?」
「個人宅の垣根のように強風から城を守っている?」

答え:食べるためです。

昔は、非常食として、松の葉や皮を食べていました。

江戸時代では飢饉が起きた時に、
戦国時代では、籠城戦にもつれこんだ時に
ご飯がなくなってしまった時の食糧として
松は使われました。

その名残が、今も残っているわけです。

現在では、植えられている理由は、
主に景観です。

大学

大学の敷地内にある街路樹で、
松ぼっくりが拾えます。

大学って、部外者が入って良いのか?

大学といえば、
学生でない部外者でも
出入り自由なイメージです。

しかし実際は、大学の種類、方針によって
違います。

例えば名門女子大のような
お嬢様が男子と会えないようにするため、
守衛がいます。
入口からすでに立ち入れない雰囲気です。

礼儀をわきまえるのでしたら、
大学に許可をもらってからの方が
いいでしょう。

(今回は構内に入りませんので、
共学で図書館・食堂は自由
というような大学でしたら
大丈夫ではないかと個人的には
思います。)

神社・寺

通常の松だけでなく、
中には
巨大松ぼっくり(大王松)の
木が植えてある
神社やお寺もあります

▲注意1▲
拾う前に、住職さんに
持ち帰っていいか、確認してみる。

問い合わせ方は、電話のほかに、
ホームページがありましたらメールで、
Twitterをやっている所もありますので、
リプライで連絡を取ることもできます。

考え方は、神社・お寺によってちがいます。

敷地内の石や枝などは、
お参りにやってきた人々の
負のきもちが宿っており、
移りやすいから
持ち帰るのは禁じるとしている
神社・お寺がある一方で、

松ぼっくりをたくさんカゴに入れてあって
ご自由にお取り下さい、
と勧めるところもあります。

何を祀っているかによっても、
いいかよくないかが変わってくる
と思います。

▲注意2▲
朝のおつとめで、きれいさっぱり掃除されている可能性が。

夕方に行くと、再び落ちているかもしれません。

▲注意3▲
子供の頃はあったけれど、
台風がひどくて倒木したなどで
今はなくなっている場合もあります。

ゴルフ場

ゴルフをしている方なら
松ぼっくりがよく落ちている光景は
ご存知かと思います。

松ぼっくりを拾う前に、
スタッフさんに
確認して許可をいただきましょう。

(特にビニール袋いっぱいになるくらい
たくさん拾う予定でいる場合は。)

なぜ、松がゴルフ場に?

コースの見映えをよくするためです。

きちんと剪定が行き届いた立派な松が
生えていますと
コースが素晴らしく格式高くなり、
絵になります。

ただ、スコア成績を阻む
障害物になる事もあります。

ディズニーランド

アカマツはトムソーヤ島に、
大王松はクリッターカントリー
に、
生えています。

他にも、あります。

テーダマツ

場所:「蒸気船マークトウェイン号」乗り場付近(ウエスタンランド)

ゴヨウマツ

場所:「白雪姫のグロット」付近(ファンタジーランド)

ただ、不作年もありますので、
毎回確実に拾えるとは限りません。

松ぼっくりの拾える時期

1年間、ずっと拾えます。
中でも、「秋~冬がおすすめ」
です。

なぜ1年中拾えるのか?

松ぼっくりは、どんぐりのように
何月から何月までの間に集中して
落ちるわけではありません。

落ちるタイミングが、
その松ぼっくりによって
ばらばら、ランダムです

松ぼっくりが落ちるのは、
中に仕舞いこまれた種が
全て飛んで行った時です。

種には一枚の羽がついています。
風が吹いた時、遠くまで飛ぶためです。

例えていうなら、たんぽぽの綿毛といった
ところでしょうか。

種がすべて飛ばされた後、
役目を終えた松ぼっくりは、
枝からぷつんと切れて、
地面へ向かって落ちます。

ですが、種が全部飛ぶかどうかは
なりゆき任せですので、
いつ落ちるのか、わかりません。

また、枝と松ぼっくりの
つなぎが、しっかりしていたら、
完全に朽ちるまで、
何年経とうが落ちないです。

落ちるタイミングがばらばらなおかげで、
松ぼっくりは1年いつでも、拾えます。

松ぼっくり拾いに適した季節は秋~冬

先ほど、松ぼっくりが落ちるのは
中の種がすべて飛ばされた時
と述べました。

中の種がすべて飛ばされるには、
松かさがひらく事が重要です。

松かさがひらくのは乾燥したときです。
雨の日のように、湿気があると、松かさは閉じます。

乾燥しているといえば、秋~冬ですから
松ぼっくり拾いに適した季節として
おすすめしています。

松ぼっくりがたくさん拾える日

「風が強く吹いていた日の、次の日」でしたら
松ぼっくりをたくさん拾えます。

海水浴場は、特に
風が年中強く吹いていますので
おすすめです。

一番良いのは、秋~冬に、強く風が吹いた時です。

また、台風が通り過ぎた翌日でもいいですね。

イヤ~な、虫の処理方法3つ!

  1. 凍らせる
  2. 煮る
  3. 水に浸ける→その後、松ぼっくりを乾かす!

1 カチカチに凍らせる

しっかり口が閉じれる
ジップロックなどの袋に入れて
3日~1週間ほど冷凍庫に
いれておきます。

▲注意1▲

松ぼっくりは、厚みがありますので
事前にスペースを開けて
おきましょう。

▲注意2▲

煮る方法とくらべると、
虫を確実に処理できません。

虫を構成しているタンパク質を
完全に壊すには
高温で熱処理した方が確実です。

2 アツアツに煮る

松ぼっくりを煮る用の鍋を
別に用意
した方がいいと思います。
「松脂で鍋がべとべとになる」からです。

鍋は100円ショップにも置いてあります。


まず、先に鍋の水を沸騰させましょう。

煮る時間は、5分~10分です。

においが出てくるので、
窓を開けたり、
換気扇を回したりします。

から白いものがぴょこんと見えるのですが、、、ひょっとして、虫・・・?

いいえ。ベトベトしていたら松脂です。
完全にヤニが出なくなるまで煮てみましょう。

3 水に浸ける

虫をおぼれさせて、やっつける方法です。
姿がみえますので、
確かにやっつけた!と
確認できる点が良いですが、
虫が苦手な人にはおすすめできません


(やり方)

洗面器かバケツに水をくんだら
松ぼっくりを入れます。

松ぼっくりは軽く、そのままでは
浮きあがり水につかりません。
しっかり水につかるように、
洗面器かビニールでおさえましょう。


ひと晩つけておきます。


虫が見えるのが問題ですが、
汚れがとれるのがいいところです。

開いていた松かさが閉じてしまった!どうしよう!

松ぼっくりは湿気をふくむと、閉じます。

2~3日間太陽光に当てる、ドライヤーをかける
で乾かしたら元に戻せます!

松ぼっくりの虫が極力出ない季節は?

冬が一番、松ぼっくりの虫がおとなしいです。

逆に一番あぶない季節は
春で、次に夏~秋です。

4・5・6月→幼虫が一番よく活動する季節です。
(春は、いろんな命が芽吹きますが、虫もです。)

8・9・10月→春にくらべれば、被害は少ないです。
(成虫になるために、松から離れていく時期。
しかしすべてが一斉に離れるわけではなく、
まだ松で食べている者もいます。)

4月おわり~5月はじめの連休や夏休みに、
松ぼっくりを拾う時は特に要注意
です。

●ネットで買う手もある

松ぼっくりは、ネットでも入手できます。

「いそがしくて、ちょっと拾う時間がない。」
「きれいな松ぼっくりをすぐに大量に欲しい。」
「虫の処理がいやだなあ。。。」


そのような気持ちが
もしおありでしたら、
Amazon、楽天、メルカリで、
30個入り、5個入りなどで売られている
松ぼっくりを買うという手もあります。

入手がむずかしい、
巨大松ぼっくり(大王松)も売っていますよ。

要約

松ぼっくりは、あなたが
ふだんから利用している場所に
たくさん落ちています。

例えば

  1. 海水浴場
  2. 公園
  3. 大学
  4. 神社・寺
  5. ゴルフ場
  6. ディズニーランド

です。

ただ、中には
拾うのを禁止している場所があります。

「注意書きがあれば、
一度目を通しておく」ことを
おすすめ
します。

「できれば、拾う前に
管理責任者さんに連絡をして
許可を取っておく」と安心
です。


拾える場所の中で、
特におすすめが、
海水浴場、大学です。

海水浴場

松の木が必ずといっていいほど、
たくさん生えています。
風がよく吹くので、
ぽたぽた落ち、たくさん拾えます。

大学

常に不特定多数の人が入り乱れるうえ、
拾っていても、
叱られる可能性が低いです。
(公園やお寺よりは、おおらか。)

(とはいえ、大学の方針、
エリアによっては部外者が立ち入るのを
禁じている場合がありますので
注意して下さい。)