コードとケーブルの違いはコレだ!

●今回の記事が役立つ人(○こんな人におすすめ○)

・コードとケーブルの違いが知りたい人。

「コードとケーブルって 同じ電線だと思うんだけど、 何か違いがあるんだろうか?」

実は、はっきりとした違いがあります。

スポンサーリンク

コードとケーブルの違い(定義)

コードの定義

使われる場所→屋内
使われる電気機器→小型の家庭用電気機器
形態→電源プラグが付いている
許容電流→小さい
構造→弱い
電線の外径→細い
寿命→短い
固定配線(間をつなぐ・柱などに沿わせて動かないようにする)→禁止

コードと呼ばれるもの
掃除機
ゲーム機
スピーカーコード
イヤホンコード
など。

ケーブルの定義

使われる場所→屋内・屋外
使われる電気機器→小型~大型
形態→コネクタが付いている
許容電流→大きい
構造→強い
電線の外径→太い
寿命→長い
固定配線(間をつなぐ・柱などに沿わせて動かないようにする)→OK

ケーブルと呼ばれるもの

通信機器(電話、LAN)
エアコン
テレビ
電信柱
エレベータ
新幹線
トンネル
船舶
など。

コードとケーブルの違い(構造)

どちらも大きな違いはありません。

同じ種類でも、用途(電力の強弱)によって 構造が変わります。

例えば、流す電流が強ければ、 絶縁体が二重に増えたり、被膜がぶ厚くなったりします。

コードの構造

導体→主に銅
絶縁体→ゴムやビニールなど
線の構造→撚(よ)り線

なぜ撚り線?
曲げやすく、扱いが楽だからです。

絶縁体の内部

導体がくるまれた形です。

ケーブルの構造

例 LANケーブル

導体→主に銅
絶縁体→ゴムやビニール、ポリエチレンなど
線の構造→単線・撚り線両方あります。

LANケーブルを見るとわかりやすいです。
複数の電線を組み合わせてできています。

LANケーブルは単純な作りですが、 本来は絶縁済みの電線を、複数組みあわせ、 シース(保護被覆)でまとめて、 1 本の電線にしています。

シースの内部

絶縁体にくるまれた導体

※電気の通った線を二重に保護している形です。

見た目はケーブルでも、コードと呼ばれるものは?

例えば、一般家庭には馴染みがないキャブタイヤコード。

作業現場(工場の機械、クレーン、エレベーター、トンネル工事など)で使われる、電気が通ったまま動かせる電線です。

簡単に感電しないように分厚いゴムやビニールで覆われています。

キャブタイヤケーブルといわれる事もありますが、 呼び名が変わるのは許容電圧量が関係しています。

許容電圧量が・・・
300V(ボルト)以下→キャブタイヤコード
300V(ボルト)より上~600V 以下→キャブタイヤケーブル

キャブタイヤ以外でも 見た目はケーブルっぽくても、 許容電圧量が300V(ボルト)以下で
あれば、コードという事になります。

光コードと光ケーブルの違い

正式名称は光ケーブルです。

ですので、光コードという呼び方は誤りです。

コードとケーブルの定義を見比べてみます。

コード ケーブル
使用場所 屋内 屋内・屋外
許容電流
用途電気機器 小型の家庭用 小型~大型
線の数
構造
寿命
長さ
形態 電源プラグ コネクタ
固定配線 禁止 OK
法律 電気用品安全法(PSE)
外径

これを見ますと、光ファイバーの呼び方として 正しいのはケーブルという事がわかります。

地面に埋めたり海底に埋めたりするわけですから 丈夫じゃないといけません。

ケーブル、ワイヤー、コードの違いは?

ワイヤーは線丸出しで、 ケーブルやコードは 絶縁体で守られています。

電気が通っている→ケーブル、コード
電気が通っていない→ワイヤー

ワイヤーは単に針金の事を指す場合もあります。

使い道も違います。

ワイヤーは、

たくさんの鍵を綺麗にまとめる、
地震対策に家具を固定する、
絵画や掛け軸を吊り下げる

などが挙げられます。

また通線ワイヤーは、 建物内などに電線やケーブルを通す前に、 あらかじめ設置しておくときに使うものです。

ケーブルやコードの事を ワイヤーという人がいますが、 正確な呼び方ではありません。

イメージで呼び方を変える場合が

ケーブル→新しい、かっこいいイメージ
コード→古いイメージ

実際はコードなのにケーブルと名前のついた 商品があります。

商品の名前ですので正式である必要は無いのですが 消費者からしたら紛らわしいので やめてほしいところです。

ただ、

かっこいいケーブル→伝わる
かっこいいコード→ギターにも当てはまってしまう。

こういった事情もありますので、 コードなのにケーブルと名前を付けるのも しかたない面はあるのかもしれません。

説明する相手によって呼び方を変える

ピンと来ないと意味がないので、 厳密には間違っていても 相手によって、 あえて呼び方を使い分けている事が、 特に事業者さんにはあります。

使い分けのしかたは、事業者さん個人個人によります。

相手が一般人(太さで説明)
細い電線→コード
太い電線→ケーブル

相手が設計者(場所で説明)
部屋の中にあって、普段生活するうえで見える電線→コード
部屋から見えない場所(ダクトなど)にある電線→ケーブル

相手が工事業者(具体的な製品名で説明)

どれがケーブルでどれがコードか 分かっていますので、 具体的に電線の製品名を指定します。
2PNCTなど

コードとケーブルを定義した法律

電気用品安全法(PSE)

旧名:電気用品取締法

電気用品安全法関係法令集→事業者向けの書籍です。

電気用品安全法令・解釈・規定等 – 電気用品安全法(METI/経済産業省)

要約

コードとケーブルの違いを表でまとめました。

コード ケーブル
使用場所 屋内 屋内・屋外
許容電流
用途電気機器 小型の家庭用 小型~大型
線の数
構造
寿命
長さ
形態 電源プラグ コネクタ
固定配線 禁止 OK
法律 電気用品安全法(PSE)
外径

定義はされているものの、

実際は、正しい使い方をされていない、 明確な違いで使われていないです。

伝わる方で使い分けています。