カレーにリンゴを入れすぎた!まずい!何を足せばいい?

「すりおろしリンゴカレーを作ったけれど、リンゴを入れすぎて味がおかしくなった!どうすれば修正できるの?」

あなたと同じく、すりおろしリンゴカレーを作っていて、味が変になったことのあるママさん10人に、何を足して修正したかお聞きしました。

スポンサーリンク

カレーにリンゴを入れすぎた!何を足す?

香辛料

友人からリンゴをたくさんもらい、処分に困っていたところ、「カレーにりんごを入れるとおいしい」という話をネットで見たため、早速リンゴ入りカレーを作ることにしました。

すりおろして4個ほど入れてみたのですが、どうやら入れすぎたらしく甘い!クミンやガラムマサラなど、手元にあった香辛料を入れまくってみたところ、何とか食べられるぐらいには落ち着いた味になりました。入れすぎも良くないですね。

ウースターソース・香辛料・カレー粉・トマト缶・お酒やワイン・ジャガイモ

ウースターソースやガラムマサラカレー粉を加えて味の手直しをした。そしてトマト缶を入れてトマト風味の強めのトマトカレーを目指して作るときに手直しをした。お酒やワインも入れてみた。トマトからうまみが出るのでリンゴの甘味ともマッチして割と簡単に甘みの調整ができると思いました。

またジャガイモを何個かすりおろして入れてみました。子供向きの味にはなりますがおいしいトマト風味カレーができました。

基本圧力鍋を使いました。

ミネラルウォーター・ルー・生姜・ニンニク・ウスターソース

リンゴのすりおろしを入れ過ぎて酸味・甘みがとても強くなってしまったので、まず全体の味を薄める為にミネラルウォーターを1.5カップくらい入れました。

そこにカレールーを2片くらい追加し煮込みました。その時点でだいぶ酸味と甘みが弱まっていたので、さらに味の調整としてすりおろし生姜とニンニクのみじん切り、ウスターソースを少々追加しました。

そのまま15分くらい弱火で煮込んでいくと、リンゴ感がかなり薄まり、適度な味のカレーに修正できました。

カレー粉・ウスターソース・ケチャップ・香辛料・赤ワイン

まず、カレー粉を予定した量よりもたくさん入れる。そして、ウスターソースケチャップなどの隠し味も、予定よりも大量に入れる。

ブラックペッパー、ジンジャーなどの辛さをます香辛料もいれて、味を調えて、さらに赤ワインを多めに入れて、ぐつぐつ煮詰めます。

多量にカレーを作ることで、リンゴの味をぼかしていきます。

ルー・ウスターソース・醤油

リンゴのフルーティーな甘さが隠れきれず、リンゴの水分により水気の多いカレーになってしまいました。

カレーのルーを増やしたところ、リンゴの水っぽさは解消されたのですが、しかしそれでも甘みが隠れ切れませんでした。

そこで味の濃いウスターソース・醤油を入れてみると、ようやくリンゴの甘さはほぼ感じなくなりました。

ルゥ・とろけるチーズ・一味唐辛子

残ったカレールゥを足してから、少しだけとろけるチーズを入れました。

味見をしたら、少しだけリンゴの風味は薄くなっていましたが、後味がやはり残ってしまって味にまとまりがなかったので、一味唐辛子を入れました。

辛味が強くなったので、リンゴの甘さはあまり感じられなくなったので、自分ではカレーとして成功したと思います。

ルー・マーガリン・トンカツソース

リンゴのザラザラが口に残り、甘味、酸味が強くなりすぎたので、カレールーを足しました。それにプラスでマーガリン(バター)を少しと、ウスターでは酸っぱいので、トンカツソースを少し入れました。

まろやかさが出るのと、リンゴでカレーの味が薄まったような感じがするのが緩和されたと思います。

家族には、今日のカレーは甘めだなというぐらいで、問題なく食べてくれました。

牛乳・チョコレート

新婚の時、リンゴを入れ過ぎて酸っぱいカレーを作った事があります。

はじめは、ルーを沢山入れて味を元に戻そうと思いましたが2人しか食べないので沢山作っても食べきれないと判断して断念しました。

酸っぱい味を戻す為に牛乳とチョコレートを入れながら味を整えました。牛乳は入れ過ぎるとサラサラのカレーをなるので少量づつ、チョコレートも細かく切ったものを入れます。酸っぱい味を抑える事が出来ます。

牛乳・ルウ

りんごを入れすぎるとすっぱくて変な味になるので、入れすぎてしまったカレーには牛乳を足して酸味を抑えます。牛乳を入れると水分量が増えることでカレーが水っぽく(スープカレーみたいに)なるので、カレーのルウを足すことができるようになります。カレーのルウを足せばりんごの味の強さは減っていきますので一石二鳥です。

一晩置いて次の日に食べる

少し味のボケたリンゴがあったので、1つ分すりおろして入れてみました。変に甘くなり美味しくなかったのでいつもはあっという間に減るカレーが余り、冷蔵庫へ。

何もしていませんが、一晩置いて次の日に弱火で時間をかけて温めて食べると前日より美味しかったと思います。『二日目のカレー』のせいなのか、煮詰めてみたのがよかったのでしょうか。

要約

なにを足して味を直したか、集計しました。

足したもの 人数
ルゥ 5
ウスターソース 4
香辛料 3
カレー粉 2
赤ワイン 2
牛乳 2
マーガリン 1
ミネラルウォーター 1
ニンニク 1
チョコレート 1
とろけるチーズ 1
一味唐辛子 1
生姜 1
ケチャップ 1
トマト缶 1
トンカツソース 1
ジャガイモ 1
醤油 1

※数が合わないのは、一人につき複数の具材や調味料を足しているためです。あくまでも何を足した人が多いかの参考にしていただければ幸いです。

一番多かったのは「カレーのルー」でした。まずはルーで濃さを調節するのがよさそうです。

次に多いのは「ウスターソース」、「香辛料」です。

一味唐辛子を足した方もいらっしゃったことから、「酸味」と「辛み」を足すことが味をととのえるのに適していることがわかります。

トマト・ケチャップ、お酒、生姜、ニンニクもあてはまりますね。

また、他のものを入れて量をふやすことでリンゴ味をうすめた方もいます。
(牛乳、ミネラルウォーター)

他の味(チョコレート、醤油)で調節することもできます。

マーガリン、とろけるチーズで味をまろやかにした方もいらっしゃいます。

一晩置いて次の日に食べたところ、解決できた方もいらっしゃいました。リンゴの入れた量がすこし多い程度であれば、時間を置くことにより味が落ち着くこともあるようです。

4個など、リンゴの入れた量が多めの場合は、香辛料でスパイスを強めに足すと味が修正できます。