とらのあな おすすめの配送方法とは。(2022年10月版)

ここでは通販「とらのあな」のおすすめ配送方法がわかります。

おすすめの基準は安全面、料金面などで変わってきますが、以下に各配送方法別のおすすめ度を挙げています。

2022年10月23日時点での情報です。

配送方法おすすめ度誰向け
宅配便★★★★確実に綺麗な状態で届いてほしい
ネコポス
ゆうパケット
★★★確実に速くポスト投函してほしい
ゆうメール安さ重視、 ポスト投函してほしい
店頭受取★★配送料を浮かせたい

以下に詳細を出しています。

スポンサーリンク

配送料の違い

※2022年10月23日時点の配送料です。

配送料は、1回の発送ごとに発生します。

配送方法配送料※通常会員配送料※プレミアム会員
宅配便585円(税込)300円 (税込)
ネコポス
ゆうパケット
400円(税込)250円 (税込)
ゆうメール250円(税込)90円 (税込)
店頭受取100円 (税込) 100円 (税込)

9,900円未満(税込)〔~9,899円(税込)まで〕の場合。

※店頭受取は、商品合計が1,100円(税込)未満の場合

9,900円以上(税込)、店頭受け取りなら1,100円以上(税込)で送料無料。

宅配便

(メリット)

  • 確実。
  • 速い。(土日休日も配達)
  • 時間指定・曜日指定(毎度便のみ)ができる。
  • ヤマトならコンビニ受取や営業所留め置きもできる。 
  • キャンペーン時に一定料金分購入すると、配送料無料になる。

(デメリット)

  • ゆうパックになる場合がある。(ゆうパックもコンビニ受取ができる。)
    ※とらのあなでは、郵便局留めはできません。
    (参考)郵便局留めについて

ネコポス・ゆうパケット

注文時にどちらかを選ぶことはできません。

(メリット)

  • ポスト投函。
  • 速い。(土日・祝日も配達する)
  • 追跡あり・補償あり。→※ゆうパケットは補償がありません。

(参考)郵便物等の損害賠償制度 – 日本郵便:損害賠償の対象とならないサービスに「ゆうパケット」が含まれていることがわかります。

また、ゆうパケット | 日本郵便株式会社:ご利用上の注意・よくあるご質問に「損害賠償は行いません。」とあります。

(デメリット)

  • ゆうメールと比べて配送料が高い。
  • ヤマト営業所留め、郵便局留め、店頭受取は利用できない。

ゆうメール

(メリット)

  • 一番配送料が安い。
  • ポスト投函できる。

(デメリット)

  • 追跡なし・補償なし。
  • 紛失しても泣き寝入りのおそれ。
  • 遅い。
    ※ゆうメールは「普通郵便」扱いなので、土日祝は休む。

ゆうメールが届かなかったときの対処方法を知りたい人向け

店頭受取

(メリット)

  • 配送料実質無料2022年1月20日から、1,100円(税込)未満の場合、発送ごとに配送料100円(税込)がかかるようになりました。送料が無料になるのは、1,100円以上(税込)の場合です。
  • 近くに店があれば便利。

(デメリット)

  • 閉店する場合がある。
  • 保管期限を過ぎると返送される。(期限は店舗到着日より10日間まで。※手続きにより延長可能)
  • 発売日に店頭に届いていない、遅れることもある。
  • 出張所など店頭受け取りをやっていない店もある。
  • 開店閉店時間を気にする必要がある。

ポスト投函の「注意」

ポスト投函形式の配送だからといって、絶対にポストに入れてくれるわけではありません。

ポストに入らないサイズ、またはポストに物が入っている状態だと直接の受け渡しになります。

その時に不在だと不在票を入れられます。

ポスト投函を指定しても宅配便に変更になる場合がある

宅配便に変更になる場合は2つあります

  1. 規定サイズ、重さ、厚みを超える場合。
  2. 規定条件を満たしていても、破損・変形などが発生するおそれがある場合。

なお、配送方法を途中変更しても、メールでお知らせが来ることはありません

配送料も宅配便用に変更になります。

参考情報