【PS4】HORI有線コントローラーの接続が急に切れて反応しなくなった時の原因と対処法

HORIの有線(USB接続)タイプのPS4コントローラーが急に接続が切れて反応しなくなった。

原因と対処法がわかります。

●対象コントローラー

  • ワイヤードコントローラーライト for PlayStation4
  • ファイティングスティックmini for PS4 / PS3 / PC、
    リアルアーケードPro.V HAYABUSA(2017年モデル)  for PS4 / PS3 / PC
    などのアケコン

スポンサーリンク

ケーブルの断線

有線(USB)コントローラーの接続が急に切れてしまうようになった原因で、一番可能性が高いのは「断線」です。

断線しやすい箇所は、「コントローラー側の根元」です。

ゲームをプレイするとケーブルが垂れ下がる形になります。

すると、特にコントローラー側の根元に負荷がかかり、使ううちに断線しやすくなります。

コントローラーを抜く時にケーブルを持っていると断線しやすい

PS4からコントローラーのケーブルを抜く時は、USB端子を持つのが正しい方法です。

ケーブルを引っ張ってひっこ抜いていると断線しやすいです。

コントローラーの保管方法が不適切による断線もある

コントローラーの保管方法が不適切で断線させてしまうこともあります。

使わなくなったコントローラーにケーブルをぐるぐる巻きにして保管していると、コントローラー側の根元が曲がって断線しやすくなります。

できるだけ根元が断線するのを防ぐには、ケーブルの巻き方に注意します。

たとえば、ケーブルはコントローラーに巻き付けないで、ケーブルだけをまとめます。

PS4に差すUSB端子側から輪っか状に巻いていき、根元付近のケーブルは巻かずにおいておきます。

まとめたケーブルは結束バンドやケーブル類を買った時についてくる針金などで結んでおきましょう。

※画像を押すと楽天ショップに移動します。

USBポートやUSB端子の汚れ

PS4側のUSBポート内の接点が汚れていることが、コントローラーの接続不良になる原因の場合もあります。

またUSBポートだけでなく、コントローラーを差す側のUSB端子も汚れている場合があります。

USBポートや USB端子の汚れが原因の場合は、汚れを取り除くことが対処法となります。

PS4のUSBポート端子を掃除する前に、PS4の電源は切っておいてください。

端子汚れを取り除く方法は「接点復活剤」がおすすめです。

KUKURE(呉工業) コンタクトスプレーが有名です。
※画像を押すと楽天ショップに移動します。
接点復活剤とコピー用紙を使ったUSB端子の掃除
  • 1
    USBポートに入るサイズ(8mmぐらい)まで折ったコピー用紙に、接点復活剤をしっかり塗布します。(速乾性があるのでやや多めに吹き付けても大丈夫です。不安な場合は少な目から始めて徐々に調節してみてください)
  • 2
    USB端子の中に、接点復活剤で濡らしたコピー用紙を差し込み、抜いたり差したりを繰り返します。

    ※コピー用紙が入らなければ適宜調整してください。
    ※無理やり突っ込むことはおすすめしません。

  • 3
    端子が汚れていた場合は、コピー用紙に黒い筋がつきます。
    汚れが出なくなるまで繰り返します。

    ※汚れたコピー用紙は交換しましょう。

  • 4
    乾かすためにしばらくPS4とコントローラーを放置します。

また、コピー用紙の代わりに「赤ちゃんに使う細い綿棒」や「工業用の平たい綿棒や先が細い綿棒」でこする方法もあります。



※画像を押すと楽天ショップに移動します。

※画像を押すと楽天ショップに移動します。

端子の接続がゆるい

USB端子が奥まで差さっていないために、コントローラーの接続が切れる場合があります。

本体側の端子がしっかり差さっているか確認してみてください。

USBハブや延長ケーブルなどを使っている

※画像を押すと楽天ショップに移動します。

USBハブや延長ケーブルなど、HORI有線コントローラーをPS4に直接差さずに、間に何かかませている場合、接続が不安定になる場合があります。

特にUSBハブは、PS4本体から給電する「バスパワータイプ」だと、他の機器もつないでいる場合、電力不足となり、接続が不安定になるおそれがあります。

USBハブスタンドも当てはまります。

ちなみに保証対象外のメーカーや機器を使用していても接続が不安定になりやすいです。
(たとえば、HORI製であれば同じHORI製なら対応するが、それ以外のメーカーだと非対応になるなど)

ACアダプタ付きの「セルフパワータイプ」に変更するか、USBハブや延長ケーブルを使わないことで対処します。

なお、バスパワーとセルフパワーの両方に対応したUSBハブもあります。

※画像を押すと楽天ショップに移動します。

PS4の通信方法をBluetooth→USBにする

PS4の「設定」でコントローラーの通信方法を「USBケーブル」に変更してみます。

「USBケーブル」による通信は、CUH-ZCT2シリーズ(後継の純正コントローラー)だけ使うことができます。初期のコントローラーは使えません。

PS4の通信方法をUSBケーブルに変える方法
  • 1
    ホーム画面の「設定」を選びます。
  • 2
    「周辺機器」を選びます。

  • 3
    「コントローラー」を選びます。
  • 4
    「通信方法」を選びます。

  • 5
    「Bluetoothを使う」か「USBケーブルを使う」の中から、「USBケーブルを使う」を選びます。

PS4のバージョンが古い

PS4のバージョンが古いと機器に不具合が起きる場合があります。

PS4のバージョンを最新にアップデートします。

PS4のセーフモードを試す

セーフモードを起動し、まずは「再起動」を行ってみます。

それでもだめなら「データベース再構築」を行ってみてください。

再起動やデータベース再構築を行うと、HORI有線コントローラーが操作不能になることがあります。

純正コントローラーの準備をおすすめします。

また データベース再構築をしてもゲームやセーブデータは消えませんが、絶対安全とはいいきれません。

自己責任で行ってください。

PS4のセーフモードを起動する方法
  • 1
    本体の電源を切ります。

    電源ボタンを3秒長押しします。
    すると、電源ランプがしばらく点滅しますので、完全に電源が切れるのを待ちます。

  • 2
    電源ボタンを再び長押しします。

    最初にボタンを押した時に1度目のビープ音(ピッ)が鳴り、7秒ぐらい後に2度目のビープ音(ピッ)が鳴ります。
    2度目のビープ音が鳴ったら、ボタンから手を離します。

  • 3
    USBケーブルでコントローラーを本体に接続し、コントローラーのPSボタンを押します。

    画面に案内が出ます。

セーフモードの項目から「再起動する」もしくは「データベースを再構築する」を選びます。

まとめ:断線の可能性大。また通信方法をUSBにしてみる

PS4用のHORI有線コントローラーの接続が急に切れて反応しなくなった原因で、一番可能性が高いのは「断線」です

特にコントローラー側の根元はよく断線しやすいので、普段の扱い方や保存方法に注意しましょう。

他は、

が考えられます。

また、

も行ってみてください。

説明書にはそうするように書いていませんが、通信方法を指定することで改善される場合があります。