銀行振込で名前を入力する時の疑問を解決!

「振込人のところに入力する名前を、口座の名義と違うものに変更したい。」

「名前の入力を間違えてしまった! 無事に入金できるだろうか?」

口座振込する時、できる事なら 個人情報を相手に知られたくないですよね。

こっそりやっている趣味に払う場合は特にそうです。

また、親や子どもの代理で、 自分が振込する という場合もあると思います。

そこで気になるのが、

本名ではなくても、振込はできるのか?

振込したら、相手にどこまでわかるのか? 名前と金額だけ?

また、他の気になることとしては、

相手の名前を間違えてしまった時に どう対応されるか

ですよね。

ここでは、 銀行振込で名前を入力する時の疑問を解決できます。

さっそく、見ていきましょう。

スポンサーリンク

振込する時、名前を隠したい!できる?

できます。

キャッシュカードでも現金払いでも どちらでも、できます。

ATMのほか、ネット銀行でもできます。

入力する機会があるたびに、 好きな名前に、 自由に決めることができます。

振込できる金額は、 ATMの場合でしたら、 どこの銀行でも 10万円以下まではOKです。

相手から見える情報は?

今回払う金額と振込人の名前。それだけです。

先ほど述べましたように、 振込人の名前は好きに決めることが できますから、完全にあなたのことは 隠す事ができます

ただ、メモ欄には、 この名前で振込ますよ、 のような注意書きはしておいた方が いいかと思います。 (または、あらかじめ、相手に連絡をしておきます。)

でないと、相手は 誰が入金したのか分からないので、 困ってしまいます。

そして、分からなかった場合は、 相手は、誰が入金したのか知りたいために、 自分の口座を見てどこの銀行から入金があったか調べる 可能性があります。

すると、あなたの銀行情報が、 わかってしまう恐れが生じます。

より情報を隠したいなら、現金払い。

キャッシュカードでは 銀行を通してお金をつかうため、 名前は隠せても、 振込した銀行名は相手に分かる恐れがあります。

現金払いでしたら、 直接あなたの財布から払われるため、 名前も振込元の情報も 隠す事ができます。

▲現金振込の注意3つ▲

1 手数料が、高い。
キャッシュカードと比べて、1.6倍高いです。

2 現金振込できるATMは施設内に限定されます。
無人ATMではできない事が多いです。

3 利用できる時間帯は、平日の日中。
土日祝日・夜は、振込手段はキャッシュカードのみです。

ただ、銀行によって 対応が違う事がありますので (今はネットショッピングが盛んですので、 たいてい大丈夫ですが)

振込先の銀行の対応を確認することをおすすめします。

ゆうちょ銀行

以前はだめでしたが今はOK。

  • ゆうちょ銀行あて⇒OK
  • 他銀行⇒OK

ゆうちょダイレクトでの操作

「送金内容を入力」

「ご依頼人名」
のところに、 相手に知らせたい専用の名前を入力 できます。

ATMでの操作

ご依頼人(あなた様)のお名前の確認 と出ましたら、 「いいえ」を選びます。

相手に伝える名前を入力します。

※名前の前に、事前に相手にいわれた番号をつけることもできます。

名前は入れないで番号だけ入れると 相手に分かるのは番号だけです。

以前は、ゆうちょでは名前を変えることは できませんでした。

民営化をきっかけに、 名前を変更できる形へと改善されました。

楽天銀行

できます。

依頼人名は、楽天銀行で振込をするたび、 ころころ変えることができます。

相手には、振込依頼人名のところに入力した名前が出ます。

振込依頼人名のところには、 すでにあなたの名前が入っています。

ここを変更するだけです。

三菱UFJ銀行

できます。

ネット銀行の手順

「引落口座」

「振込依頼人名・電話番号を変更する場合はこちら」を選びます。

「振込依頼人名」に、相手に知らせたい名前を入力します。

ATMでの手順

キャッシュカードでしたら、依頼人の名前を変えることができます。

現金の場合、 依頼人名のところで 本名とは違う名前を入力すればいいですが、 あらかじめ相手に どの名前で入金するか、 知らせた方がいいでしょう。

名前の後に、番号を入力してもいいです。

ソニー銀行

できます。
(ATMからでもネットからでも)

振り込み依頼人のところに、 すでに口座の名前が 自動表示されていると思いますが、 削除して自分の好きな名前に変更するとできます。

みずほ銀行

できます。

ネット銀行の手順

「お振込」

「お客さまの名義を変更してお振込先にご連絡する場合はご入力ください。(任意)」 のところで、 「変更する」を選びます。
相手に知らせたい名前を入力します。

ATMの手順

「お振込」

支払い方法選択
「キャッシュカード」か「現金」か

「振込先指定」

銀行名

支店名

相手の口座の種類を選択

相手の「口座番号」入力

ここで、依頼人の名前を入力します。
(カタカナ)

振込先の名前を間違えた!入金できる?

「返金処理される?」

「偶然、同じ名前の人がいて、 間違って送金してしまう事ってある?」

答え
指定した口座が存在しない→返金


ですが、 偶然口座が存在していれば入金されてしまいます

返金されるケース

  • 入力情報に誤りがある。
  • 口座が存在しない。

返金されないケース

  • 口座が存在していた。

(銀行側からは、あなたが間違って 入金したかが分からないからです。)

返金したい場合は、 あなたから銀行に連絡して、 入金された相手に 返してもらうようにお願いする 必要が出てきます。

しかし、相手が必ず 応じてくれるとは限りません。

お願いする時は、 銀行を通じて、振込手数料ではなくて、 組戻手数料を払う事で 相手に返金をお願いします。

もし応じてくれなかった場合でも 組戻手数料は取られます。
※一部例外有。

組戻し手数料は、銀行によって違います。

組戻手数料

ゆうちょ銀行 648円(税込)

※ゆうちょ銀行は、組戻に失敗したときは、料金は取られません。

楽天銀行  864円(税込)
三菱ufj銀行 864円(税込)
みずほ銀行 864円(税込)
ソニー銀行 324円(税込)

ネット振込みの場合

指定口座が存在しない⇒あなたの口座に返金されます。

(振込にかかった手数料はとられます)

そして、メールで返金したとの知らせが届きます。

ATM振込みの場合

電話がかかってくる
(画面に入力した番号か、 銀行に知らせた電話のどちらか)

電話がこなかったら、 ATMのある場所(銀行の支店) に電話をしてみてください。

<聞かれること>

  • 日時
  • 金額
  • 振り込んだ相手の銀行名と支店名
  • 相手の名前
  • 口座番号(間違えた方)
  • あなたの名前
  • あなたの電話番号

相手の名前が自動表示された状態で、間違った場合

自動表示されたのは口座が実際に存在するからです。

よって間違えていましたら、間違ったまま相手先の口座に入金されます。

正常に入金されたと見なされますので 返金してほしい事を、 あなたから申し出る必要があります。

もし自分の口座に、人のお金が間違って入金されていた場合は?

もし相手から連絡があって、 返して欲しいと要求されたら。

嫌だと断ることはできますが、 断らない方がいいでしょう。

確かに、間違ったのは相手ですが 相手のお金であることに変わりはありません。

人のお金を勝手に使う、 (口座から引き出す) と立派な窃盗になります。

要約

振込する場合、 名前を知られないように 隠すことは、 変更はできるか?

できます。

キャッシュカードでも現金でも どちらでも、できます。

ATMでしたら、 10万円以下まではOKです。

相手が確認できる情報は、今回必要な金額と、あなたが変更した振込人の名前だけです。

現金払いの場合は 銀行を通しませんので、 完全にあなたの身元を 隠すことができます。

しかし、

現金払いの場合

・手数料が高い
・現金振込できるATMが施設内だけ
・土日祝日・夜は、利用できない

これらの点に注意しなくてはいけません。

基本、あなたの名前は 隠すことができますので 安心して振込を利用しましょう。