親がうるさい!ストレス!!対処方法10

なにかあればすぐ否定ばかりしてくる親。本当に嫌になってくる。

親が否定ばかりしてきてストレスで困っている学生のイメージ

親がうるさい!ストレス!!

ダメダメばかりいってくる親にうんざり。
文句をいったり喧嘩したりしても効果なし。

一体どうしたら黙ってくれるのだろうか?
せめていわれるストレスをなんとかしたい!

当時学生だった方10名に、「親が否定ばかりしてきてうるさいためにストレスになった時の対処方法」をお聞きしました。

すると、

  • 否定をやめてくれる方法を編み出した人。
  • 考え方を変えることで親のうるさい否定を受け流していた人。
  • 否定されてもやりたいことをやっていた人。
  • 偶然ある出来事をきっかけに親との関係がよくなった人。

さまざまであることが分かりました。

スポンサーリンク

親がうるさい!ストレス!!対処方法10

料理など美味しいといって食べる

親が否定ばかりしてくるので、母親が作った料理など美味しいといって食べるようにしていたら、かなり機嫌がよくなって、母親もだいぶストレスが緩和されるようになってきた。

特に料理に関して褒めるようにしたら母親が上機嫌になってイライラしなくなってきたし、ニコニコしながら会話するようになったので、これは改善策として有効だったと実感しています。

淡々と行動の理由と利点を説明

昔から小さな行動一つに対しても、よく否定的なことを言われていました。

でも、言われたことに対して淡々と行動の理由と利点を説明し論破してしまえば、半年ほどで何も言われなくなってきました。

心から私のことを心配しての発言ならそれでも食い下がったでしょうが、ほとんど自分の機嫌次第だったようなので、面倒になったのだと思います。

論破する時は、どんなに腹が立っても顔には出さず、常に冷静に淡々と理由を繰り返します。親が本当に子供を心配しての発言でなければ、それで諦めてくれますよ。

全てにおいて成果を出し続ける

私立の中高一貫校に通っていた時に、いわゆる「反抗期」の真っ只中だった私にとって、否定ばかりのうるさくストレスな両親(特に母親)に対して意識していたことは、やること全てにおいて成果を出し続けることでした。

それでなくても私立でお金がかかりましたので、学業では常にトップ部活でも入賞常連アルバイトで高校生活のお小遣いにするなど、ひとまず外に対しては良い顔ができるようにしました(苦笑)。

希望を通すため本気のプレゼンをした

わたしが高校生のとき医学部を志望することを反対されました。
医学部を志望するのを反対された理由としては、金銭面と学力面がありました。

その理由を理解していても私は医学部志望することを諦められませんでした。

そのため、わたしは親の言い分を理解したうえでプレゼンをしました。
10ページほどまとめて、医学部志望する高校時期、上京して浪人する時期をどうやり過ごすのか詳細に書き留めたりしました。

結果、親はわたしの熱量に圧倒され応援してくれました。

親をひとりの女性と認識する

母親を、親としてではなく、ひとりの女性と認識する事で解決しました。

親から言われてると思うから否定されるとこちらも対抗してしまい悪循環なのですが、この人も自身と同じ人間で女性なのだと思うと、他人からのひとつの意見と思えてすんなりと受け入れられ、ストレスではなくなりました。

自身が変わった事で、母親にも変化があり、双方にプラスになったと思います。

冷静に分析する癖をつけた

特に母親には口では敵わないと悟っていたので、あまり反抗はしませんでした。

ただ黙って言う事をきくのはストレスになるので、親の話を聞きながら、頭の中で確かに正論だなとか、虫の居所が悪いのだなとか、冷静に分析するくせをつけたら、だいぶ話をうまく流せるようになりました。

両親は口うるさくても好きでしたので、両親への感謝や好きという気持ちを大きく意識するようにしていました。

その場では何も話さず1人になれる場所で考える

私の場合は否定された時にカッとしてその場で話を進めると言い争いになってしまうだけだったので、一旦その場では何も話さず1人になれる場所で考える時間を作りました。

1人で静かに自分の気持ちや頭の中を整理します。

何を伝えるかまとめてからお互いの気持ちが落ち着いてるかなと思ったタイミングで「この前の〜の事なんだけどさ」と切り出しました。

お互い感情が高ぶっていると全く話にならず、ただの喧嘩で終わってしまいそれ以降話しづらくなってしまうのでお互いが考える時間、落ち着く時間は必ず作るべきだと思います。

好きなことを否定されてもやめなかった

私は学生の時にショッピングが好きで服や靴を買ってお洒落を楽しんでいたら、「もうやめなさい。」と度々否定されストレスでしたが、私はやめませんでした。

現在は子育て等で時間がないので、今思えば、自由に好きなもの買ったりしてて良かったと思います。

自分の気持ちは強く持って貫く事だと思います。
親の言う通りにして、良い結果にならなかった場合、後悔する事になり、自分や親を責めてしまう事になると思います。

親の弱点を知る

私は、父親がとにかく自分の意見を押し付けるタイプの人で、かなり窮屈な学生生活でした。

私がすることはすべて気に入らないようで、ことあるごとに否定されてきました。

私が逆らえば、一気に家庭の中が暗くなってしまうので、逆らえないまま日々が過ぎていきました。

ある日、父親の部屋の掃除を頼まれて、いつものように言われるまま掃除をしていたら、偶然、父親が大切にしまっていた初恋の人からの手紙を発見してしまいました。

その事を父に言うと、その日から私に対して否定しなくなり、私の希望を聞いてくれるようになりました。

病気で入院したのをきっかけに仲よく

私の母は非常に口うるさく、基本的に否定から入る人なので私はずっとストレスに感じていました。

もう家も出て、親とかかわらずに生きていこうと思っていた矢先、私は病気になって入院してしまったのです。

独身だった私は、病院の同意書など親に書いてもらうしかなく、仕方なく母に頼み、協力してもらっているうちに、なんとなく昔より険悪ではなくなってきました。

今となっては病気もしてみるものだな。などと思っています。

親がうるさいのはなぜか?理由3

1親にストレスがたまっている。
2子育ての方針として厳しく接している。
3親が心配症、感情的な性格。

1 親にストレスがたまっている。

親はあなたのためを思って口うるさく言ってくれているとは限りません。

親とはいえ欠点を持った未熟な人間です。
ですので、ストレスがたまっていると当たり散らすタイプの親は否定ばかりしてきます。

これはあなたの方が親の行動パターンを読み取ることで、解決できます。
例えば「嫌な予定が入っているためにイライラしているんだな」と分析できれば親の言葉通りに受け止めてストレスになるのを防げます。

2 子育ての方針として厳しく接している。

あなたが道を外さないように、間違っていると判断したことにはうるさくしてでも否定して止める親もいます。
たしかに人生経験は親の方があなたより上です。
親の判断の方が正しい場合が多いです。

ただどうしてもやりたいことができた時には、本気であるという気持ちを伝えて親を納得させることも後悔しない人生を歩むために大事です。

親を安心させるポイント3

1 条件をつける(例:何歳までにだめだったらあきらめて親の言うとおりにする)。

2 親の希望も盛り込んだ案を出す。

3 もしこんな問題が起きたらこう対応するつもりでいる、と対策を具体的に考えておく。

気まぐれにやりたいといっているわけじゃない、きちんと計画性を持っている。対策も考えてある。親の気持ちも大切にする
と伝わるやりかたがおすすめです。

3 親が心配症、感情的な性格。

理性よりも感情が先に出るタイプの親です。
なんてことがない物事に対しても過剰に不安になってすぐに否定します。
その気持ちが本当にあなたのためを思っていることから出ているとしても、それが正解の態度とも限りません。

単にストレスになるから余計なことをしないでくれという自分都合の押しつけである可能性もあります。(親自身そのことに気づいていない場合もあります。)

※対処方法(簡易版)※

親が否定ばかりしてきてうるさく、ストレスでうんざりしている場合はとにかくまずは否定自体をやめてほしいですよね。

一番おすすめな方法は「ほめること」です。

機嫌をよくしてもらうことで否定する気持ちを忘れてもらいます。
どんな人でもほめられて腹が立つほど不愉快になる人はいません。

それでもダメな場合や、親をほめるのは抵抗があるといった場合は、親の否定を真正面から受け止めていちいちストレスに感じるのをやめます。
つまり考え方を変えることで、反発心をうまく消化するのです。

考え方を変える例

×親から言われている。

親も自分と同じ一人の人間であり、他人からのひとつの意見と思うようにする

×思わず反抗したくなる。

頭の中で確かに正論だ、親は虫の居所が悪いのだなど、冷静に分析する癖をつける(親への感謝や好きという気持ちを大きく意識するようにする)。

×いわれたらすぐに言い返す。

一度その場を離れて一人になった後、冷静になった頭であらためて話し合う

偶然が状況を変えることもある

  • たまたま掃除をいいつけられて掃除している時に、親にとって触れられたくないものを見つけてしまった。
  • 自分が病気になって入院したときに反抗姿勢から助けをお願いする態度に変えたら前よりは仲がよくなった。

偶然では今解決しようがないのも事実ですが、今後何が起きて解決できるかわからないものです。

対処方法のポイント→あなたが態度を変えることから始める

まずはほめてみて、だめなら受け取り方を変えてみる。

あなたの態度を変えることが、うるさい親が静かになってストレスをなくせるポイントです。