車ディーラーの営業(電話連絡・訪問)がしつこい!撃退方法12!

「ディーラーの営業がしつこくて迷惑。なんとか撃退できる方法ってない?」

車を買うとき、ディーラーを選ぶ方は多くいます。

ところが、見積りや試乗などがきっかけで営業が始まることがありますよね。

直接訪問されることもよくあります。

買う気がないのにしつこいと、ただただ迷惑ですよね。

かといって断るのが苦手ですと、なかなかハッキリといえないために長引いてしまいやすいです。

どうにかして営業を止める方法はないのでしょうか。

20人の方に、ディーラーの営業がしつこいときにどうやって撃退したかお聞きいたしました。

断れない性格の人は必見です。

スポンサーリンク

車ディーラーの営業がしつこい!撃退方法12!

嘘をつく

1
ディーラーで車の見積りをいただいた日の夜、アポなしで家まで来られました。直接顔を会わせると断りづらくなるのでインターホン越しで話をしたのですが、なかなかしつこく話を終わらせることができませんでした。仕方がないので他のディーラーで貰った見積りの方が安かったと嘘をつき帰ってもらいました。値段も少し安いぐらいのリアルな値段だったのが良かったみたいで、すぐに諦めてくれました。

2
5年ほど前、車のディーラーの人が営業が来た際に、つい「車の買い替えを考えている」と話をしてしまったら、それから2~3日おきに営業の人がやってくるようになってしまったことがありました。あまりにもしつこいので、「親戚で車の販売会社に勤めている人がいて、車はそこで買わないと、後々、親戚づきあいに支障が出る」と言って断ったことがあります。

3
外車のディーラーで一度試乗したことが契機となり、2ヶ月に1回必ず「買い替えはどうですか?」と電話が来ていました。車をすぐに乗り換える予定はなかったので、その都度「車検を通した」「かなりお金をかけて修理をしたのでまだ乗る予定」「今の車に愛着もあるし壊れるまでは乗り続けたい」と言い続けました。最後は「転勤族なのでディーラーがない田舎にも赴任することがあり、故障など何かあった時に困るから」と伝えました。買ってもらえないとわかったようで、1年半ほど続いた連絡がパッタリ来なくなりました。

4
営業している内容にもよりますが、電話の場合なら「他を検討している」と言って断ったことがあります。また、訪問してきた時は「これから出掛けるので忙しい」と言って断ったこともあります。

一芝居うつ

1
半年ほど前、車の営業に何度も自宅に押しかけられました。 玄関を開けてしまったのが悪かったか、しつこく訪問してきました。 断るのが苦手な私には、面と向かって「迷惑です。買う気はありません。」と強く言うことはできませんでした。 そこで一芝居売ってみることにしました。インターホン越しに泣き真似をしながら「仕事首になったんです。車買うお金なんてありません。もう帰ってください!」と大声で叫びました。 信じてもらえたのか、ヤバいやつと思われたのか、その後営業が訪れることはありませんでした。

2
訪問された際にもし出てしまったら、スマホを気にしたふりをして『電話がかかってきたので・・・長くなりそう』と断る。電話がかかってきたときは絶対に出ない事。もしそれでもダメなら直接営業所の上司に断る。

3
話すこと自体が苦手なので、言葉で返しても絶対に押し負けます。なので、家にいるときは玄関まで行ってチャイムを押し、来客が来たのを装って電話を切ります。訪問されたときは居留守を使います。

誰かに相談するという

私も断りたいのにきっぱり言えない事が購入に悩んでいるんだと勘違いされてしまい、更に話が長くなり余計に断りづらくなるという感じです。そんな時は最終的に判断できないので親に聞いときますや旦那と相談してからにしますと逃げます。

徹底無視する

電話が頻繁に掛かって来ましたが、基本的に非通知は電話に出ないし、ディーラーさんの番号は把握していたので、掛かって来たら無視していました。そのうち掛かってこなくなったので、あちら側も察してくれたんだろうと思います。

やんわりと断る

お電話があった際に、「このような電話を受けるのが少々苦手なので、改めて店舗にお伺いした際にお話を伺いますので、今後お電話はお控えいただけると嬉しいです。」とお伝えしました。なかなかキッパリと辞めてくださいと断るのが苦手なので、やんわりと言葉を柔らかくしました。

上の人間に電話

1
電話がかかってきても一切応答せず、訪問されてもインターホンでの対応だけで断って、実際に顔を合わせないようにしました。それでもかなりしつこかったのである時意を決して、しつこすぎるので車を買う気がなくなったと、その人のオフィス(上司)に電話しました。それで無事、解放されました。

2
いつも購入しているディーラーの担当者が代わり、新しい担当者が挨拶と称して自宅へ売り込みに来ました。今は購入の時期ではないと断りましたがなかなか帰ってくれず、一度考えさせてほしいと担当者を追い返しました。担当者がディーラーに着く前に責任者の方へ電話し、売り込みがしつこいことと、これが続くようであれば購入先を変更することを伝えました。

警察にいうと伝えた

すごく毎日のように電話がきたり1週間に1回訪問されてとても迷惑していました。なのでこれ以上しつこくすると警察に連絡して注意をしてもらうと言ったらしつこい営業は無くなりました。

理由をつけて断る

1
車のディーラーより,電話が有り現在乗っている車の車種,年式,次回の車検時に買い替えるか又は車検を受けるのかの確認の連絡が有りました。10年以上乗っているので買い替えを検討している事を伝えると車のカタログを持参するので,聞いて欲しいと繰り返し何度も電話が有りました。私は自動車メーカーの部品を作っている会社に勤務しており,そのメーカー以外の車を買う意思が無いことを伝えるとその後,電話は無くなりました。

2
競合他社の車種のほうが安全性が非常に高く、さらに装備が充実した上で総支払い額Aが1番安かったから申し訳ないですがそちらを契約しました。今までお付き合い頂きありがとうございました。とストレートに伝えて断りました。

他で買うと伝える

1
いちど車を見に行って試乗させてもらった機会に何度かお電話をいただきました。他のメーカーも検討したかったので、お断りしているにもかかわらず毎週のように電話での案内がありとても苦痛でした。最後ははっきりと他で購入しますと言うことを伝えて電話を止めてもらうようにしました。

2
私はだいぶ長くディーラーから営業の電話をされていました。私の撃退した方法はちがうディーラーで購入しますとはっきり言って断りました。それ以降は一度も電話がかかってきていません。

正直に要望を伝える

2社で迷っている時に、「他社の車は結局売る時に、それなりの値段しかつきませんよ。うちの車は売る時も高く売れます」と言われたので、「売らないで乗りつぶしたいので、長く乗れる車が良いです」と言ったらそれ以降なくなりました。

面倒な客になる

自分の頼んだ車を探してこれるまで営業マンを突き放すことと自分も妥協はしないことです。意外とこちらの指示に対してピンポイントに車を探してくる営業マンはいないので、来る度に『こちらの言った車とは違う。』と返すのが1番早いです。面倒な客には向こうもしつこくはしてこないです。

はっきりと断る

しつこい営業を少しも悪いと思っていないディーラーの態度に、断るのが苦手な私でもさすがに腹が立って、そこが嫌だからおたくからは車は買わない、お客様窓口にも相談すると言った。

要約

今回お聞きした中で一番多かった撃退方法は、「嘘をつく」と「一芝居うつ」でした。

撃退方法 人数
嘘をつく 4
一芝居うつ 3
上の人間に電話 2
他で買うと伝える 2
理由をつけて断る 2
誰かに相談するという 1
徹底無視する 1
やんわりと断る 1
警察にいうと伝えた 1
正直に要望を伝える 1
面倒な客になる 1
はっきりと断る 1
合計 20

それらしい嘘をついたり芝居をしたりすると、営業マンもそれ以上突っ込めませんので、一番平和に解決できます。

ほかに断れない性格の人におすすめの撃退方法は、「徹底無視する」「誰かに相談する」です。

徹底無視は、ディーラーの営業マンがあきらめるまでひたすらガマンする必要がありますが、接しなくていいだけでも気がラクです。

誰かに相談するということで、自分に決定権がない、というアピールも効果が大きいです。営業マンもいってもしょうがないと思ってくれますし、あなたも思わず押し切られてしまう心配がありません。

次に多かった撃退方法は、「上の人間に電話」「他で買うと伝える」「理由をつけて断る」です。

上の人間に自分の問題行動が発覚してしまうと、続けても損なだけですし、本当に迷惑がっていることも通じますから、あきらめてくれます。

理由をつけて断るほうが、いきなり買いませんとハッキリというよりは悪い心象をあたえなくてすみますし、断るのが苦手な人でもいいやすいです。

他で買うと伝える方法は、あなたのところでは買わないことを遠回しに伝える方法です。とうとう怒らせてしまったという感情も暗に伝わります。

今回の撃退方法で、あなたの悩みが解決できればうれしいです。