車のマフラー音がうるさい!解決方法

●今回の記事が役立つ人(○こんな人におすすめ○)

・自分の車のマフラー音がうるさい理由を知りたい人。
・相手の車のマフラー騒音を解決したい人。


「なぜか自分の車のマフラー音が、突然うるさくなった。
原因と解決方法を知りたい」

「車のマフラー音をうるさく改造している人。迷惑!
なんであんな大きな音を立てるの??」

こちらでは、マフラー音を小さくできる方法
(自分の車、人の車問わず)
をお教えできます!

スポンサーリンク

車のマフラー音がうるさい原因は?(故障)

マフラーの破損です。

具体的には、
● サビ
● 外れかかっている
● 穴が空いている
です。

サビ

最近のマフラーは、昔と違って
すぐサビる心配はなくなりました。

しかし、全然サビなくなった訳
ではありません。

時間経過や使用環境によっては
いずれはサビが発生します。

排気ガスには、水分が含まれていますので、
時間経過と共にじわじわと
マフラーを中から
サビつかせる原因となっていきます。

雨風によく当たっている、
といった場合もですが、
特に、寒い地域にお住まいの方は
要注意です。

寒い地域では、
水分が蒸発しづらいためです。

また、寒い季節も危ないです。
雪道を走行していますと、
融雪剤がマフラーにくっつきます。
融雪剤により化学反応が起き、
サビが発生します。

雪道を抜けて自宅に戻ったら、
そのままにしておかずに
洗って綺麗にする事をおすすめします。

外れかかっている

外れているのは、
マフラーが動かないようにしている
溶接かゴム。
それか、
遮熱板をつけているボルト
と考えられます。

穴が空いている

サビが生じて、悪化が進んだ、
もしくは事故か何かで
衝突したために、
マフラーに穴が空く
事が起きます。

最近はサビによる
マフラーに穴が空く現象は
以前(昭和)とくらべましたら
減っています。

といいますのも、マフラーの素材が
平成に入ってから、次第に
スチールからステンレスに
移り変わっていったからです。

改造ではなく、
マフラーに穴が開いた状態で
うるさい音を出しながら
走る車を見る事は
稀ではないかと思います。

音で判別!

●カタカタ
●ポコポコ
●カラカラ

カタカタ

マフラーハンガー(ゴム)が劣化している
事が考えられます。

ポコポコ

アイドリング中に聞こえる特徴があります。

マフラーを確認してみて、
異様に水が出ていたら、
乾燥させてみましょう。

マフラーの確認方法

1、空ぶかししても、近所迷惑にならない場所で車を停めます。
2、マフラーの後あたりが、噴き出た水で汚れるので注意します。
3、ギアはP、ブレーキとアクセルを思いきり踏み込みましょう。
4、水が出なくなるまで、空ぶかしします。
5、しばらく走ります(30分くらいが目安)。マフラーの中を乾かします。

ごく短い間しか運転しない
(マフラーが温まる前に止める)
事で起こりやすいです。

さらに、
あまり速度を出さないで運転していても
マフラーに水がたまります。

カラカラ

マフラーの中に、何かが落ちているかもしれません。

カラカラ以外の音がする

マフラーの中に配置されたパイプが
はずれた可能性があります。

車のマフラー音を直す応急処置(故障時)

マフラーの破損がまだ初期でしたら、
自分で直す事ができます。

車検まであとちょっとだから
応急処置しておきたい方にも
おすすめです。

破損の程度がひどい場合は、
交換した方がいいでしょう。

材料
●マフラー補修テープ
● マフラー補修パテ

売っている場所
● ホームセンター
● Amazon
など

高熱耐性で、4000円あればいいのが買えます。
しかし実用に耐え得るかというと疑問が残ります。
(1000円代のものですと、持続時間に難が)。

修理自体は簡単なのですが
意味がなかった、取れたという
ケースもあります。

テープを使う時は
針金を巻き、固定しますと
はがれにくいです。

▲注意▲

あくまで応急処置は一時しのぎ、
時間稼ぎですので
結局は交換せざるを得ません。

破損は完璧に消えた訳では無く
キズを隠しただけだからです。

マフラー破損の程度はどのくらいか、
修理屋さんに一度
確認してみてもらった方がいいかと思います。

車種によって、
必要な部品と金額が変わって来るからです。

車のマフラー音がおかしなまま走り続けると?

放置しておくと、
故障がどんどん進行していき、
大変な事態に巻き込まれる
恐れがあります。

大変な事態

走行中、エンジンが止まる→事故の恐れ
排気漏れ→ガス中毒

できましたら、早めに
解決する事をおすすめします。

まだ修理に出さないで
やむなく騒音を出す場合は
次の事に注意します。

エンジンをかけたらすぐ発進。
停めたらすぐにエンジンを切って、
その場アイドリングを控える。

マフラーが壊れているのは、
実質、マフラーなしで走行しているのと同じです。
道路交通法の違反となりますので、
気をつけましょう。

なぜ、車のマフラー音を改造するの?

改造に興味がない人にとっては、
わざわざ車のマフラー音を
うるさくする理由が
分からないですよね。

「自己満足や自己主張のためなの?」
と疑問がわきます。

車の改造をする理由を挙げますと、

●ストレス解消
●自分の世界に浸りたい
● エンジン音が好き
● マシンの変化を楽しみたい
● 独特の音を楽しめる
● 排気音を良く聞ける
などです。

近所の迷惑は考えていない、
といえば
うるさい時点で確かに
そうだとは思います。

また、人の心理として、
うるさいマフラー音を聞いても
親しい相手か
見ず知らずの人かで
許せる・許せないが
決まってしまう所があります。

家族からすると、
音が聴こえて来ると
帰ってきた事が
すぐわかるから便利、と
好意的に受け取れたりします。
(もちろん家族でも
恥ずかしいからやめて欲しいと
考える方もおられます)。

うるさい音を立てている人の
言い分としては、

自宅でアイドリングしないよう気をつけてる、
車検に通ったから大丈夫、
ディーラーにも何も言われていない
と、
問題ない点を強調します。

しかし、本人としては
気遣っているとしても、
音を聞かされる周りの人が
どう思うかがすべてです。

たとえ、一切改造していない
車だとしても、
うるさいと思う人がいれば
苦情対象となります。

マフラー改造の本来の目的

車の性能(馬力)を上げる事です。

音をうるさくするのが、
本来の目的ではなく、
ついでの効果として
ついてくる感じでした。

しかし、今では
音目当てでマフラーを改造する人が
目立ちます。

音が欲しい需要が増えてきましたので、
改造品も、うるさいマフラーが
多く売られています。

相手車のマフラー音を解決するには?

騒音苦情として、公的機関に
通報する
のが一番です。

通報場所

近くの、
● 警察(110番)
● 運輸局
● 市役所
など

ナンバーを控える。
名前は伏せる(後のトラブル防止)。

マフラーを写真にとる。
(調べてもらって、違法品か確認)

騒音が原因で苦痛と伝える。

マフラー音は広範囲に
鳴り響いているはずですから
あなたが通報したとは
分からないです。

肝心の解決についてですが、
あとの事は相手次第ですので
過度に期待はできません。

要約

あなたの車のマフラー音がうるさい原因は、
破損です

破損は具体的には、
● サビ
● 外れかかっている
● 穴が空いている
です。

相手のマフラー音を解決するには、
苦情として、公的機関に
通報するのが確実です。

誰もいわないから、
これまで一人しかいってこなかったから
大丈夫、と
もしかすると
相手は思っているかもしれません。

あなたもそうだとは思いますが、
後のいざこざが面倒だから
みんないわないだけですよね。

あなただと分からないように
通報するのが、
一番安全な相手への働きかけ
です。

そもそもマフラーは音消しのために
装着しているのですが、
改造でわざわざ
うるさくしているのです。

本人はともかく、
やっと寝てくれた子どもが、
マフラー音で起きてしまう事で
悩む方もいらっしゃいます。

車を改造する人は、いろいろと
想像を巡らせて欲しい
ものです。