食洗機の深型と浅型。違いは?使用者だから分かるデメリット

●今回の記事が役立つ人(○こんな人におすすめ○)

・ビルトイン食洗機は、浅型と深型のどちらがいいか、知りたい人。

「ビルトイン食洗機で、深型の導入を検討中。
だけどデメリットはないのかな?」

ビルトイン食洗機は2019年2月時点で、
浅型と深型の2種類あります。

深型は、一番量が入る点が魅力ですよね。
浅型よりもすべての面で優れているイメージです。

でも、本当でしょうか?

深型を使っている方10人に、
メリット・デメリットをお伺いしました。

メリット・デメリットを元に、
浅型と深型のどちらがいいか、
決める参考になればうれしいです。

【!!!注意!!!】
※体験談は、個人の主観です。参考程度に止めてください。

スポンサーリンク

【用語解説】食洗機の浅型・深型とは?

ビルトイン(built-in)とは、造り付けのことです。

ビルトイン食洗機とは、システムキッチンに組み込む食洗機です。

基本は浅型(ミドルタイプ)で、さらに、たくさん入るのが深型(ディープタイプ)です。

※台所の上に置く食洗機はビルトインではありません。卓上(据え置き)です。

深型の使用者10人が語るメリット・デメリット

1
深型のビルトイン食洗器の良いところは、大きなお皿や鍋、深型の丼なども対応できるところです。置き方を工夫すれば、大量の食器を1度にまとめて洗えるのでとても便利ですし、時短にもなるし、光熱費の節約にもなります。

ただ唯一のデメリットは、食洗器の引き出しを開けての作業になるので、引き出しが開けっ放しの時には通行の邪魔になるところです。


2
メリットは大きなお皿やまな板、お鍋なども楽に入れられることです。浅いタイプの食洗機も使ったことがありますが、大きな物、長い物の入れやすさは断然深型です。

デメリットは、洗うお湯の出るノズルが下にしか無いため、上の段までお湯が届いているのかな、本当にきれいになってるのかな、と半信半疑になってしまうことです。また、大容量を良い事につい食器などを入れすぎてしまい、きちんと洗えてるか心配になってしまいます。


3
メリットはもちろん、自分の自由時間が増えたことと冬の手荒れは例年と比べてだいぶよくなりました。食事をするときに家族に無駄にお皿とかをたくさん使われるとイライラしていましたがそれは無くなって家族にも良かったかも。

デメリットとしては、食洗機の中を少し乾燥させたいなと思って開けっ放しにすると台所の真ん中に食洗機が付いているので作業の邪魔になってあけっぱなしにできない。終わった後などは熱いので開けておきたいんですがね。卓上だとそれはなくて湿気が困る感じがしなくていいなあと思っています。


4
私の場合は結婚した際に主人の家に付いていたため、自分で選び購入したわけではないのですが、正直なところあまり使用していない現状です。

デメリットと言える部分ですが、我が家は主人の帰宅が遅く、平日の食事の時間帯がバラバラなため、衛生面を考えると食後すぐに食器を洗いたいこともあり、何度も食洗機にかけるのは時間的にも経済的にも勿体ないので使用しづらいのです。

メリットは、量が多い時の食器の乾燥に使えて便利なことと、ホームパーティーなどで洗い物が大量な時はやはり重宝すること、家族が増えたら便利かもしれないという点を考えると持っていて損はないというところです。


5
メリットは、もちろんサイズが大きいので一度にたくさん入れられることです。入れている途中で入りきらないと気づき動かしてみたり食器の向きを変えたりするストレスフルな作業をすることが減ります。大きな大皿も入れられます。長い菜箸も立てて入れられます。

デメリットは、ビルトインなので一度取り入れたらそのぶん収納スペースが減ります。キッチンが広ければいいですけども。

あと、ちょっとだけ洗いたいというときに、ちょっとだけしかないのに使うのモッタイナイと思ってしまいあとでまとめてやろうと洗い物を放置しがちになります、私がズボラなだけかもしれませんが。


6
家を建てた時に、食洗機はビルトインの一番大きいものを設置しようと決めました。それは家族五人分の食器を洗う大変さから解放されたかったからです。

メリットは、鍋が洗えるところです。たくさんの食器を洗えるのは魅力ですが、合わせて鍋が入るのが大きな魅力です。

デメリットは、大きい分、ある程度食洗機用の洗剤を入れないと、綺麗に落ちない気がします。食洗機用の洗剤が結構高いので、しょっちゅう購入するようになりました。出費が多いのがデメリットと言えます。


7
メリットはスッキリしてるキッチンがごちゃごちゃしない。軽くお湯で流して短時間で食洗機に食器をいれられる。

先日丁度食洗機能が壊れてしまって買い換えるか検討中

結構値段が張るし変なメーカーにはしたくないから。ただ言えることはハウスメーカー電気配線をきちんとしてくれる業者にお願いする事をおすすめします。いい加減な所だともしかしての火災に繋がる事もあるって聞きました。ネット業者など安い所は避けたほうがいいですよ。


8
大量の皿を食洗機に入れることができます。底がとても深いのでまとめて入れることができます。

ただ取り出す時に沢山入れていると、取り出しにくくなるので注意が必要です。洗ったお皿を元の食器棚に戻す時には皿をしっかり持って片付けないといけません。そして同じ皿はまとめて同じ所に置けば後片付けが楽になると思います。


9
メリットは浅型よりもたくさんはいることです。食器の量もたくさん入る上に、大きなお皿やまな板、ボウルなども入れられて楽です。実家の食洗機は浅型なのでボウルやまな板は手洗いしています。

デメリットは少量だとまわすのがもったいなく感じてしまい、手洗いしてしまうか、食器がたまるまで待ってしまうことです。結局使用しないこともあったり、時短のはずが、たまるまで待つと、時短になっているような、なっていないような、複雑な気持ちです。


10
メリットはやはり食器が沢山入ることです。それから、冷水筒や大皿など、立てると高さがでてしまう物も入れられるのが便利です。

デメリットは、深さがあるので、食器を入れる時やお手入れの際に見えづらい所がある事です。又、表面の扉の高さが深さと同じなので、大きいぶん開閉時に少し重さを感じて、スムーズさに欠けるところです。

要約

今回伺いました、
ビルトイン食洗機の深型を使っている方10人
共通のメリットは、
食器類や調理器具が
一度にたくさん入る点
でした。

実際使っている人から見ても、
一番量が入る点は
深型の最大の魅力であると感じているようです。

「深型で入る食器類や調理器具」
大皿
深い丼

長い菜箸
まな板
ボウル
冷水筒
など

高さがあるものでも、立てた状態で入るのが
便利との意見でした。

「ビルトイン食洗機・浅型とのちがい」

大きな物、長い物の入れやすさは断然深型がいいです。
浅型は、ボウルやまな板の場合、サイズによっては入り切らないので、手洗いする必要があります。
浅型は容量が少ないので、入るように動かしたり、向きを変えたり、いろいろと調整する作業が出てストレスです。

「ビルトイン食洗機・深型を使う最適な状況」

一度で洗い物が大量に出た時です。
(例 ホームパーティー)
また、今は浅型でちょうどよくても、将来家族が増えたときを考えて、先に深型にしておく考えも必要かもしれません。

「ビルトイン食洗機深型のデメリット」

高さがある・たくさん入る点は
深型のメリット
である一方で、デメリットになる
ことがあります。

・大容量だからと、つい入れすぎてしまう。
隅々まできちんと洗えないのでは?と気になってしまいます。
また、入れ過ぎで取り出すのが大変になることがあります。

・食洗機が組み込まれた分だけ収納スペースが減る。

・洗剤代がかさむ。
サイズが大きい分、食洗機用の洗剤を多く使うことになります。

・開閉時がすこし大変。
浅型と違い、高さがあるので開閉の扉も大きめです。
よって少し力が必要で、さくっと開閉してくれないです。

・見えづらい所がある。
深いため、食器を入れる時・お手入れの時に
不便を感じる恐れがあります。

・通行、作業の邪魔になることがある。
食洗器の引き出しが開けっ放しの時です。

台所の真ん中に食洗機がある場合、
使用後に乾燥させたくて開けっ放しにすると、
邪魔になってしまうことがあります。

・家族の食事時間帯がバラバラだと、食洗機を使う機会が減るおそれが。

汚れた食器はすぐに洗いたい人は、結局手洗いしてしまいます。ちょっと洗いたい時に向いていません。

また、食器がたまるまで待つことで、放置しがちになります。

一度にたくさん食器を入れる機会が、
普段の生活の中で何回あるか
確認してみることも、
浅型にするか深型にするか
決めるポイントにしてもいいかもしれません。

「食洗機を使うメリット」

・自分の自由時間が増えた。
・手荒れがだいぶよくなった。
・時短になる。
・光熱費の節約になる。
・家族にお皿を遠慮なしに使われることへのイライラが無くなった。
・流しや台所が、スッキリする。食べ終わった皿や鍋などでごちゃごちゃしない。

「ビルトイン食洗機業者を選ぶ時のポイント」

電気配線をまともに実施する業者がおすすめです。
電気配線をいい加減にされると、火災の恐れがあるからです。
安い所(ネット業者など)はおすすめしません。

確かにビルトイン食洗機の深型は、
一度に量がたくさん入ることが魅力と分かりました。

一方で、たくさん入るゆえのデメリットも生じるため、
ふまえた上で浅型か深型か決定することをおすすめします。